• coromo-cya-ya

Houttuynia cordata価格改定のお知らせ


いつもホーチュニアコダータのシャツをご購入してくださるお客様、

またこれから購入をお考えのお客様へ



Houttuynia cordataは2013年よりブランドをスタートし、ものづくりの姿勢は小さなブランドの規模だからできることを大切にしてきました


今まで、価格の改定というのはブランドをはじめてから一度も行ってきませんでしたが、生地の価格の高騰はこの数年の間に何度もあり、避けることはできなくなっていますし、送料の大幅な価格改定、何度かの増税時にも、価格はそのままでいくことを決めました

「日常のリアルクローゼットであるシャツ」を販売していきたいという想いが、ずっとそうさせていました

無理にたくさんの商品は生まず、着実に少しずつシャツを増やしてきました


しかし、ブランドを続けていくにあたり、

お客様から求めていただく需要と供給のバランスが、わたしたちでも追いつかずバランスが崩れていることが増え、生産体制の見直しや協力工場の開拓が今の私たちの課題です

そして新しい縫製士や工場の方とお話すればするほど、

縫製する方の減少、若い方が参入しなくなっている現実、

技術の低下、それを受け止めて今の私たちができることはなんだろうと

ここ何年も考えてきたことです

まずは、続けていくが何より大切だと思うとともに、

わたしが感じるのは高い技術のある方へはきちんとした工賃をお支払いして、

いいもの縫っていただき、双方に「続けていく」というサイクルをきちんとつくらないと、途絶えてしまうことをひしひしと感じています


つくり手の私自身もどんなお客さまの手に渡っていくのか、逆にお客様はどんな人が作っているのかが垣間見える距離間を作っていくこと、

そして、基本にできるだけ忠実で、誠実なものづくりをしていくこと

また、そういうことに共感し、仕事を一緒にできるパートナーをつくっていくこと

生地を作られる過程、縫製してくれる方がどんな方が、販売する私たちもできる限り知り、それをお客様にも伝えていくこと

それが、続いていく ためにやるべきことの一つなのだと信じています



2020年3月4日から定番で何年にも続いて販売していた商品も含めすべての商品の価格を改定させていただき、続く連鎖を絶やさないためのわたしたちの決断です


ご理解いただければと存じます



シャツは、衣服の中でもパーツの多いアイテムで縫製も一番といっていいほど手間がかかるものです

そして、縫製にせよ、生地にせよ、その善し悪しが出やすいアイテムです

その簡単ではない、アイテムにずっと向き合っているのは、計り知れない魅力があるからだと私自身いつも感じています


これからも、世に出すものに恥じない

ものづくりを約束するとともに、着てくださる方々の日常にあるこのシャツがいつまでも頼もしい存在であれるように

清らかで、美しいシャツを作り続けていきます


Houttuynia cordata 中臣美香


最新記事

すべて表示

新しい年がはじまるというエネルギー

新しい年が明けて、半月が過ぎました 毎年、1月という月は清らかな空気が漂っていて 静寂を感じられる、少し神秘的さも感じる月だなと思っております 多くの方が、新しい年の抱負を考えたり、整っていないところを整えようとしたり、 言えば、自然と先に向けた期待の時間を設けているような気がしています 何かそうリセットするかのような感覚を 自然とつくってくれる「1月」 そのエネルギーってすごいですよね 例えば、

2020年ありがとうございました

12月に入ると今年一年を振り返ることがしばしばあります 昨年末辺りから、coromo-cya-yaらしいオンラインストアを立ち上げてみようかと 思っていたのが遠いことのように思い出されます 思いもしてなかった世界的な変化は 多くの方に、心境の変化、環境の変化、これから先のことを考えなおしたりと わたしたちにもたらした影響は、大きさに関わらず誰しもがもらったことではないでしょうか 先が見えない状況と

店主 中臣美香からご報告

爽やかな秋晴れが続いていますね。 今年は秋が長く感じられ、過ごしやすい心地よい日が多くとてもうれしい日々です。 さて、今年は思ってもみない世界的感染症の流行により 生活や仕事の仕方が一変した方も多いかと思います。 そんな中ではありますが、 私中臣美香は、ただいまお腹に赤ちゃんを授かっております。 今、妊娠6か月に入り少しずつ大きくなってきたお腹の子とともに お店に立っております。 来年の春、3月に

©2020 by coromo-cya-ya

Photograph by Suguru Ariga, coromo-cya-ya

Design by Izumi Saito[rhyme inc.]