• coromo-cya-ya

子どもを産んでから困ったこと

更新日:11月2日

今年の3月に子どもを出産しました


今の私にしか感じないこと

言葉にできないことがあるなと思うので

そんなことも少しアップして

必要な方の目にとまり誰かの何か役に立てたらいいなと言う気持ちでいます

今までのcoromo-cya-yaにはなかったようなことが綴られますが

楽しんでみてもらえたら嬉しいです


子どもを授かりたいと思っていても

結婚してから10年以上経ち

特に8年前にお店をはじめてからは

お店に没頭する日々


いざありがたく妊娠、出産が無事できても

知識もなく、予備知識をほぼ持たずに

子育てがはじまった私には

知りたくてもなかなか知らない情報や

子育てを手助けしてくれるサービス

がたくさんあっても

自分に何があってるのか

よく分からずにここまできてしまった気がしています





出産した病院から退院して、

まず真っ先にお世話になり、今も色々な話を聞いて貰っている

吉祥寺hana助産院


母乳育児ができるならしたいなと

思ってはいたものの、

出産した病院を退院するまでに

赤ちゃんも私もまだお互いに母乳を飲ませ、

飲むことが軌道にのってないまま退院を迎えることになりました

入院中から、これは1人では到底 母乳育児を

続けるのは難しいなと思っていました


妊娠中、唯一と言っていいほど

母乳に困ったら、おっぱいのトラブルがあったら

ゴッドハンドがいるよと教えて貰っていたのが、

この母乳育児相談室の市川さんでした


まだ世に産まれて8日目

恐る恐る子どもと2人で井の頭公園を抜けて行った日を覚えています

子供を産んで、

まだ世の中の光が眩しいよと言っているかのような子を抱えてはじめての外出でした


これでいいのかなと、

まごつきながら子どもをベットにおろしたりしてる私をよそに手慣れた手つきで

泣いている子どもを落ち着かせて

気づいたら寝かせてくれ、


私の方はパンパンになっている胸を

ゴットハンドでふかふかの状態にしてくれました

全く痛くもなく、不思議なくらいです

初めて伺ったときから親切で、

「小さく生まれた子には、この抱っこ紐が使いやすいからよかったら貸してあげるわよ」と、

気持ちよく抱っこ紐を貸してくれて

子どもを産むと、人に優しくされることが

ありがたくて仕方がない気持ちがすごく強くなり、

帰ってから夫に喜びながら話した記憶があります


それからというもの、

母乳を飲ませられるならと

ちょこちょこと母乳マッサージに通い

母と子の特別な時間を過ごすことができたなと思っています


母乳相談室に通っていると

いろんな育児のわからないことを相談できて、

お話してくれる市川さんの言葉が心強くて、そんなつもりなかったのにポロリと泣いたこともありました


母乳を飲ませ続けたいなら

そんなことじゃだめよと、パシッと言ってくれる時もあり

その優しさと、長年の経験から出てくる言葉たちが

母になりたての私には

おおらかな気持ちは保ちつつ

しっかりと強さみたいなものを

持っていかないとと感じさせられてた気がします

そして、自分がどう育児していくのかを

折々で考えさせてもらったんだと思います


子どもは7ヶ月になっていますが

今も、次から次へと何もかもはじめての私には

いろんなことで考えてしまうことがあり

折々で、hana助産院の市川さんには

お話を聞いて貰っています


母乳育児のことは

もう、すごい知識と経験と技術をお持ちなので、言うまでもなく

色んなお母さんと触れられているので、

気軽に様々な相談をしても受け止めてくれます!


私なんて、

母乳あげながら、自分や家族のご飯作れないです、、、

って言う話までしました!笑。


そんな人に出会えて、

これからの育児とても心強く思っています


coromo-cya-ya店主 中臣美香