• coromo-cya-ya

9月1日(水) coromo-cya-yaからライフスタイル雑貨のご提案、はじめます



暑い暑いと過ごしていた夏も、

お盆が過ぎてからというもの、

夜には窓を開けると少し涼しい風が入ってくるようになってきました。

いい季節ですよねぇ。

私が育った長野は、昼間はとても暑くても、陽が落ちると夜はだいぶ涼しくなり

山から涼しい風が降りてくるようなところでした。

東京に出てき始めた20代のわかかりし時は、

いつになっても空気が温かいことに慣れずに、

夏の夕飯はそうめんばかりを食べていたのを思い出します。


さて、9月と目にするだけで

いよいよ秋が訪れるなぁと思いますが、

そんな季節の変わり目の9月1日からcoromo-cya-yaの売り場が少しかわります。


お店をはじめたときから


”ライフスタイル”=生活を丁寧にすることに、

とても関心が高かったこともあり、

やっとやりたかったことすべてが揃ってきているような気がします。

今までは、生活に関する商品をご案内できるのはほんの少しだけでしたが、

私が気に入っているもの、気になっているもの、好きなものなどを販売していきます。


こんなものがあったらいいなと、

久しぶりにいろんなところにセンサーを張り巡らせて

あれこれ購入して実際に試してみて、感銘を受けたものあります。

そのひとつが”MATIN et ETOILE(マタン エ エトアル)”です。


写真に写っているグリーンのチューブは

ハンドクリームなのですが、

この香りはスズランの香りがします。

スズランの香りがするハンドクリームというものに

私ははじめて出会って、とっても感動しました。

ブランドが掲げているハンドクリームの紹介文章に

こんな言葉が添えられていました。


「”花束を手にしたあとに残る香り”をイメージしてつくりました」


その花束を手にした後の余韻の香りが

本当に手についているかのような香り立ちで、

一気に心を奪われました。

そして、ハンドクリームを持っているとは感じにくい、

パッケージが美しいデザインというのもとても重要なこと。

毎日自分が持ち歩いたり、使うたびに目に触れるものが

自分の生活になじむ色合いだったり、素材であるということは

単純なことだけれど、大切だなぁといつも思います。


他にも、シャンプー、コンディショナー、ボディーソープや石鹸もご用意があります。

香りはどれも、強すぎずほのかに香る清らかなものばかり、

ぜひ、一緒にどの香りがいいか悩みましょう。



そして、もう一つご紹介したいのが

私が、数年前からずっと使っているスキンケアブランド"remio(レミオ)”です。


私の生活に欠かせないブランドとなっている、高い信頼を寄せているブランドです。

とにかく、乾燥肌でオールシーズン悩んでいたのですが、

あるとき、親交のあるモデルさんがこのレミオのアルガンオイルを使って

大絶賛されていたのを知り、

スキンケアをシンプルにしていき、自分の本来の力を引き出していけないかなと思っていたので

試してみたのが、一番はじめの出会いでした。

それまでは、オイルは肌に合わないと思うと言われることが多くてほとんど使ったことがなかったのですが、

レミオのオイルは、まったくべとつかず、すっと肌になじんでいくような感覚がありました。


お話すると長くなるので今回は省略しますが、

ひょんなところから、レミオの丸山さんとお話する機会が訪れて、

そのときはとてもびっくりしたのを覚えています。


その出会いをきっかけに

肌をきちんと見直すきっかけをいただいて、

たくさんアドバイスをもらい、以前に比べて肌トラブルがだいぶ減りました。


メイクは楽しいですが、

基盤の肌本来が健康であることが何より大事。

レミオの化粧水やオイルは、とってもシンプルな素材で

使い続けていくことで、反応が返ってくるような感覚がわたしはあります。

今、私自身自分に目を向けて大切にしてあげようと

昨年から思っているので、忙しない日常でも

フラワーウォーターの瑞々しい香りをしっかり鼻から香って

肌に入れてあげるようにしています。


みなさんも、ぜひ

今の自分を見つめなおしたり、新しいものを手にして

自分を今まで以上に大切にして、毎日を過ごしてみませんか。

9月1日からお店でお待ちしております!


※ 店主 中臣美香は現在、毎週木曜日のみ 出勤しております。

 木曜日以外は、スタッフ太田が、

 わたしが好きなものを懸命に勉強してお待ちしております。


coromo-cya-ya 店主 中臣美香