• coromo-cya-ya

2020年ありがとうございました

12月に入ると今年一年を振り返ることがしばしばあります


昨年末辺りから、coromo-cya-yaらしいオンラインストアを立ち上げてみようかと

思っていたのが遠いことのように思い出されます


思いもしてなかった世界的な変化は

多くの方に、心境の変化、環境の変化、これから先のことを考えなおしたりと

わたしたちにもたらした影響は、大きさに関わらず誰しもがもらったことではないでしょうか


先が見えない状況というのは

お店を営む私にも、表向きは笑顔でも、どこかに不安を抱えながら過ごしていました

今、自分ができることをやるしかない

とてつもなく大きな恐怖として捉えるのではなく、

日々の営業の中で起きている、トラブルと同じようにどう受け止めて

改善していくのが良いのか

そんなことを、春は考えていた記憶があります


そして、約2か月ぶりの営業再開できた日の緊張感は、

今でも記憶に残っています

訪れてくださるお客様からの、温かい言葉に目頭が熱くなるようなこともしばしばあり、

吉祥寺にある小さな一店舗のお店でも

誰かにとって、大切な場所であり大切な時間を過ごすための空間に

なり得ているのかなと、このようなことを経たからこそ聞けた

”人の想い"を受け取ることができたのだと思っております

いつもは、さほどお話をされないお客様も

お声をかけてくださったことを私は忘れずにいます


そして、わたくしごとではありますが先のブログにご報告させていただいた

お腹に新しい命を授かってからの日々

感謝の気持ちと未知の緊張感、周りの方々の本当に温かなメッセージやお声がけ、

私の想像を遥かに越えた反応を多くの方から頂いております

何より、今までと同じようには仕事ができない私を

大きな器でしっかり受け止めてくれたのは

多くの時間をともにしているスタッフたちです

”授かった命との時間を大切にしてほしい”というスタッフたちの行動、言動は

まだ戸惑いがあるわたしの背中をさすってくれているように感じました

清らかな心あるスタッフたちが、

店主の自分がいない日が多くても、お店にどんどん磨きをかけはじめている

そんな光景に、わたしが一番うれしさを感じています


今日で今年最後の営業日

12月からあっという間にいつも駆け抜けていく日々

少し違った視点でお店を見届けて、年内最後の営業を終えられそうです


2021年は1月6日12時よりお店をオープンいたします

 ※いつもより30分遅れての開店です

新しい年も、お店を営業できる喜びと

お客様とのやりとりを大切にし

coromo-cya-yaがあることで、様々な”環”が広がっていくといいなと思っております


皆さま、どうぞよい年末年始をお過ごしください!


coromo-cya-ya 店主 中臣美香


最新記事

すべて表示

Ense 春の財布展のお知らせです!

新年を迎えたときと、春は、お財布を新調したくなるタイミング この春、Ense(アンサ)の財布展を開催します 2013年のcoromo-cya-yaがオープンした時から長年取り扱いをしているブランドです Enseは数年前、大阪から奈良、京都へと活動拠点を移し、 自由な発想ながらにも、いつも使っている革のクオリティの高さがとてもよく その絶妙なバランスがこのブランドの大きな特徴だと思っています ブラン

SANDERS POP UP STORE のお知らせ

3月に入りいよいよ、春の到来が楽しになってきました かねてから、いつか開催したいと思っていたSANDERS(サンダース)の イベント 念願かなってこの3月に開催いたします! 今年、実はcoromo-cya-yaははじめての イベントをいくつか計画をしています。 こんな時に、イベントをするなんてと言われても その考えは間違っていないと私自身思っています。 ですが、昨年から 「こうしてお店を開いている

©2020 by coromo-cya-ya

Photograph by Suguru Ariga, coromo-cya-ya

Design by Izumi Saito[rhyme inc.]