top of page
  • coromo-cya-ya

香りの薬局による、キャンドルの調香セッション🕯のお知らせ


coromo-cya-yaの場では初めてとなる

香りの薬局によるキャンドルの調香セッションを開催します


"香りの薬局"のご紹介をさせていただくと

coromo-cya-yaとの出会いは

私、ディレクターの中臣が敬愛する帽子ブランド

chisakiの展示会に行った時でした


その展示会、今でもよく覚えているのは

コロナが日本に訪れた年の春のこと

誰もが、まだ分からぬ先の未来を不安に思うような時でした

当時のchisakiのアトリエでの開催

開けた扉の先に

ほのかに香る香りが印象的で

展示会を後にする前に

デザイナーの苣木さんにすごく良い香りがして〜

と、話してみると

すごく素敵な女性が作ってるキャンドルでと

お話してくださりました

ゆっくり調べてみようと思っていた矢先

翌日、coromo-cya-yaのドアノブに

キャンドルが、、、

苣木さんが、良かったら使ってみてくださいと

届けてくださりました


そこからはじまった出会いから

私の生活の中の欠かせない一つに

佐々木香織さんが作られたキャンドルが存在しています


出会った当時の

キャンドルにつけている名前

また、そのキャンドルに込めたメッセージの言葉が

削ぎ落とされた中に

美しい響きとエネルギー、そして

相手を想うあたたかさみたいなものを感じました


それはきっと、佐々木さんが

丁寧に調香する時間、作業、ものに込める

純粋な気持ちがそう感じたのかなと

佐々木さんとやりとりを深めたり

お会いしてより一層感じています


佐々木さんが、

おひとりおひとりと、パーソナルな調香セッションを

されているというのを知りました

coromo-cya-ya10周年のアニバーサリーキャンドルを

作って頂くときに

その時間を頂いたのですが、

私が話す拙い言葉からも

香りのイメージを膨らませてくださって

その様子は、私には神々しさを感じる空気

または、魔女のように

ふんふんとうなずきながら

香りを重ねていくようなそんな神秘的な

雰囲気を感じました


特に女性にとって香りが

時に支えとなったり

心に穏やかな気持ちに導くものとなったり

まさに、

香りが薬香となるのではないかと思います


具体的に、どんな風に

セッションが進むのか

また次回ご案内したいと思います。


coromo-cya-yaディレクター 中臣美香

Comentários


bottom of page