• coromo-cya-ya

ものとの出会い



私は、もとのと出会った時の直観を大切にしています


美しいなと思うものを、目につくところに置いておきたいという私の嗜好も強く

機能性だけのものは、あまり持たないようにしています


”いいな”とか、美しいものが目に入るだけで

気持ちがいいものだしご機嫌になれると思う


だから、あまり妥協したくない

もっと言えば、気に入っているものがあれば

多少忙しくて片付いていなくても、その雑然とした景色が美しく見えたりする


先月あたり、ある方に

「今朝、寝起きがとても気持ちがよくて、とっても気分がよかったんです」と

話をしたら

「気分というのは大切に扱ってあげる必要があります、

一度枯れてしまうと二度と湧いてこない泉のようなものです」

と、返されて

妙にその言葉がわたしに残っています


それ以前から、ここ数年自分がご機嫌でいることの大切さを

すごく感じていたので

身体の不調や乱れなどをとにかく整えることをしていますが

”二度と湧いてこない泉のようなもの”と言われたら

とにかく大切に扱ってあげなくちゃと

より、気分を大切に見てあげようとおもっています


目を背けずに、

うまく付き合うことや

できるだけ、いい気分な自分、ご機嫌な自分を保てるように

その柔らかな風が自分にどうなるべく多くの時間吹いているようにするか


それがきっといいものを生み出してくれると信じて!

さぁ、今日は月曜日、シャツを着てパリッといこう


coromo-cya-ya 店主 ・ Houttuynia cordata 中臣美香



©2019 by coromo-cya-ya

Photograph by Suguru Ariga, coromo-cya-ya

Design by Izumi Saito[rhyme inc.]